格安航空のピーチが那覇から石垣島に就航したことにより、沖縄離島へのアクセスもドライブ感覚で行けるようになりました。

そこで、2013年10月はじめての石垣島への1泊2日の弾丸旅行を計画しました。
子供いない夫婦2人暮らしなので、今週末何しようか?と話し石垣島に決定しました。

滞在時間も短かったため以前から一度は行ってみたかった竹富島だけは絶対に行こうと思い、旅行前日に竹富島の情報をいろいろ調べ当日を迎えました。
新石垣空港に飛行機がついたのは14時半過ぎ、そこからタクシーで石垣港に移動し竹富島まで高速船で移動しました。
船の乗車時間は15分程度でした。

竹富島で体験したかったのは水牛車に乗ること、沖縄のお土産売り場によく売っている星の砂を砂浜で発見することでした。
船が竹富島につき、水牛車の送迎車がいたのでそのまま直行し、水牛車に乗って竹富島の街並みを散策しました。

案内の方が、街並みや竹富島の歴史等説明してください楽しい時間でした。
その後そこの水牛車のお店でレンタサイクルを借りて、竹富島をサイクリングしました。

目的地はもちろん、星砂の浜(カイジ浜)です。
自転車で20分ほど走ると砂浜につきました。

砂浜全体を見渡しましたが目的の星砂は発見できず、船の最終時間を迎えるためレンタサイクルを返却し港に送っていただきました。

弾丸だったためと、オンシーズンをすぎていたため予約しなくても大丈夫だろうと思って行き当たりばったりに行動し今回はなんとか決行できました。

短時間でしたが、竹富の街並み、自然、砂浜を堪能できとても充実した楽しい旅になりました。
次行く際は、もっとゆっくり滞在し(できれば民宿等に宿泊し)小さな島の1日を過ごしてみたいと思います。
観光地しかリサーチしていなかったので竹富島の特産品やお土産等も調べておけばよかったと思いました。

これから竹富島へ観光へ行こうと思っている方へのアドバイスとしては、飛行機の到着時間、石垣港までの移動手段・所要時間の確認、石垣港から竹富港までの船の出発時間の確認、観光地の予約(乗客が多い際は待つ可能性が高いです)は必須だと思います。

私たちが体験した水牛車はとても快適でしたが、友人が最近竹富島へ行き水牛車にのったときにとても不快な思いをしたようなので

事前にどの水牛車が良いかチェックしておいた方が良いと思います。

石垣港~竹富港までの船は小さいことと、海の波が高いためかなり揺れます。
揺れが苦手な方はそこを考慮して乗船された方が良いと思います。

話題のサイトを紹介

  • 金融業者に払いすぎた利息である「過払い金」の計算と返還から、多額の借金の相談まで、全国対応の債務整理 茨城では承っております。
  • 専門家が任意整理を行うことによってつらい貸金業者からの取立てはすぐに止まります。
    まずは無料相談からはじめてみませんか。